【解決法あり】ビールサーバーで水漏れが起こる?【瞬冷サーバータイプ編】

ビールサーバー

ビールサーバーから水が漏れるトラブルって意外と多いですね!

 

ビール君
ビール君

ビールの通り道からはビールが漏れる事はありますが、サーバーから水が漏れる場合はまた別の原因があります。

ここではビールサーバーでも瞬間的にビールを冷やす事が出来る瞬冷サーバータイプの水漏れ不具合についての原因と解決方法を紹介しています。

冷蔵庫でビール樽を格納するタイプの樽格納式タイプや氷を入れて持ち運べるタイプの氷冷式(コールドプレート)などは当てはまりませんのでご注意を!

 

また、瞬冷式って?って人は以下のページを参考にしてくださいね!

 

【解決法あり】瞬冷タイプのビールサーバーで水漏れが起こる原因は4つある!?ホシザキもニットクも同じ!

私が把握している限りでは瞬冷式タイプのビールサーバー(樽を常温で置いておいてサーバービールを通すと瞬間的にビールが冷える通常のビールサーバー)で水が漏れる原因は全部で4つあります。

 

ビール君
ビール君

それぞれ説明していきますのでどの原因が当てはまるのかチェックして解決方法を試してみましょう!

 

まず、瞬冷サーバーの場合はサーバーの上のフタを外すと分かるのですが、内部にビール回路を冷却する為の冷却水が入っています。この冷却水が漏れるケースがあるのです。自動抽出タイプのオートサーバーも瞬冷サーバーです。

 

ビール君
ビール君

ちなみにビールサーバーメーカーで代表的なホシザキもニットクもどちらも同じ構造ですので以下の原因も解決方法も同じですよ!

①排水栓から漏れる!?排水栓を強く押し込もう!

原因の1つがビールサーバー下にある排水栓から水が漏れるケース。

以下のように強く押し込む事で解決する事がほとんどです。

排水栓なんてないよ!って人もよく探してみてください。瞬冷サーバーは内部に冷却水があるはずなので必ず排水する為の排水栓が付いています。

よくあるケースがビール受け皿を持ち上げるとその内側に隠れているケース。

ビール君
ビール君

水漏れが下部だけで起こっている場合はこの排水栓不具合による水漏れが多いのでチェックを!

しかし、排水栓自体が劣化していたり、ひび割れによって水漏れが発生している場合は排水栓自体の交換が必要になります。

業務用なのでAmazonなどをチェックしてなければ個人出品のヤフオクなどチェックしてみてくださいね!

posted with カエレバ

②冷却水の自動循環から受け皿で受け取れなかった水が漏れる!?

正直このケースは少ないですが、水漏れとしてある事はあるので記載してみました。

 

新しいタイプのビールサーバーの場合はビール回路を冷やす為の内部にある冷却水を作る為にビールを注いだ後など定期的に自動循環や冷却する機能があります。

この時に循環した水が受け皿に注がれる事があるのですが、受け皿がビールや水でタプタプの状態だと受け皿に受ける容量を超えて受け皿からビールが漏れる事があります。

ぽっぽ
ぽっぽ

受け皿はサーバー下に付いているコレですね~。

 

ビール君
ビール君

特にサーバー内の水槽で水の位置(ここまで注ぐと記載されている事が多い)を超えて多めにある時に起きやすいですね!

対処方法はサーバーの水槽内の冷却水を冷却水の定位置になるまで捨ててください。

排水栓を外して水を抜く事が出来ますよ!

 

③結露で水漏れと勘違いする!?

3つめは結露

内部がとても冷えている冷却水と外部が暑いとその温度差で結露が出ますね!

ぽっぽ
ぽっぽ

特に夏場に多いですね~。

ビール君
ビール君

サーバーの外側が全体的に水っぽい時は結露です。

下がびちょびちょになる程度だとまた次に紹介するドレーンホース詰まりの可能性がありますが、多少の水滴なら結露でしょう。

冬場に家の窓の内側に付いた結露を定期的に拭き取るように定期的にタオル等で拭き取るか、サーバー下に取り換え可能なタオル等の設置する方法がありますね。

 

 

④ドレーンホースの詰まりによるオーバーフロー!?

瞬冷サーバーでとても、多い水漏れの原因がオーバーフローです。

おそらく1番多い水漏れの原因ではと思います。

ビール君
ビール君

まず、ビールサーバーには内部の冷却水が外気温などにより多くなったり少なくなったりする事を理解しましょう。

そこで内部の冷却水が一定量になるとサーバー内部の排水の穴からオーバーした冷却水が流れてサーバー内部の冷却水が一定以上多くならないように保っています。

その排出する穴から外に出すのが以下のドレーンホースです。

受け皿付近によくありますね!

このドレーンホース内部に汚れが溜まりすぎるとサーバー内部の水がサーバー外の受け皿に流れません。

サーバー内の水が多くなった時期でも冷却水が外部に流れないとなるとサーバー内に一定以上の冷却水が溜まってしまい、結果容量をオーバーして、サバーの至るところから冷却水が滴り落ちてサーバー下はびちょびちょ状態になってしまいます。

これがオーバーフローって言う状態。

 

ビール君
ビール君

解決方法は簡単。

ドレーンホースの詰まりを解消する事です。

以下ドレーンホースがあります。

 

 

 

ここに以下のように長めの針金や細いブラシなどをドレーンホースに差し込みます。

ビール君
ビール君

長ければ長いほどドレーンホースの奥まで届くのでベストです!

ぽっぽ
ぽっぽ

要はドレーンホース内部の汚れが固まっていて水の流れを塞いでいる場所を破壊するわけですね~。

 

ドレーンホース内部の汚れの固まりを崩すと以下のように水が一気に流れます。

これで、サーバー内部の水槽内の水量が一定になるのでオーバーフローは解決。

ビール君
ビール君

水漏れ問題は解決します。

 

また、外側のドレーンホースからだと持っている針金では不具合箇所まで届かない!って場合はサーバー内部の水槽内の水を抜いて内部からドレーンホースに向かって針金などを通しても汚れの固まりを壊す事が出来ると思いますよ。

 

さらに、ドレーンホース詰まりの解決は後でゆっくりやるからサーバーからの水漏れを早急になんとかしたい!って場合は排水栓を外してサーバー内部の水を一定量抜くとすぐに水漏れは防げますが、根本的なドレーンホース詰まりを解決しないと再度1年以内にオーバーフローが発生します。

 

 

サーバー内部の水槽内の冷却水は以下のように「ここまで水を入れてください」って言う表記がある場合がほとんどです。確認してみましょう。

 

まとめ

瞬冷サーバーで水が漏れる不具合・トラブルの原因と解決方法でした。

また、他の原因で水が漏れる事があるよって場合は連絡もらえると嬉しいです!検証してみます!

 

また、よくあるビールサーバーのトラブルは以下にまとめていますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました