【業務用(家庭でも使える)ビールサーバーの種類一覧】自宅設置も人気!

ビールのあれこれ

ビールサーバーと言えば、一昔前は業務用としてしか使用が出来なかったのですが、現在では家庭用としてもビールサーバーを使う人が増えています!

また、酒販店などではビールサーバーをレンタル出来るところもあるようです!

本格的な業務用となると、別途炭酸ガスボンベも使用する必要がありましたが、現在ではボンベのような重い炭酸ガスボンベではなく、簡易的な炭酸ガスも売られています。

つまり、家庭でも業務用で抽出する本格的な樽生ビールを味わえる時代になってきたって事です!

業務用のビールサーバーの種類一覧!特徴・ポイントまとめ!


本格的な生ビール樽を飲みたい場合には樽生ビールに繋げて抽出出来るビールサーバー炭酸ガスが必要です。

ちなみに炭酸ガスは業務として使用する炭酸ガスボンベもありますが、現在では自宅で使える家庭用としての簡易的な炭酸ガスもありますので家庭で簡易的に使用したい場合にはそちらのほうがおすすめです。

業務用のビールサーバーは大きく分けると以下のタイプに分ける事が出来ます。

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

家庭用として使用する場合は電源不要で氷と炭酸ガスだけで抽出出来る氷冷式ビールサーバー(コールドプレート)が基本です!

①瞬冷式生ビールサーバー

  • 最も使われている業務用ビールサーバーです。
  • 居酒屋の大半はこのタイプのビールサーバーです。
  • 樽を常温に置いてヘッドと言われる接続部品から樽内のビールをサーバー内へ流すと瞬間的にビールが冷えます。
  • 樽温度をチェックしてその温度に適したガス圧設定が必要になります。
  • 樽が無くなってもすぐに、次の樽でビールを出す事が出来ます。
  • 電源が必要です。
  • 常温に樽を置いて使うので樽は開栓後1週間程度経過すると味や香りが劣化します。

posted with カエレバ
通販メーカーによっては業務用の為扱っていない場合もあります

②樽格納式(冷蔵庫式)生ビールサーバー

  • 生ビール樽を一定の温度で冷やす冷蔵庫タイプのビールサーバーです。
  • すでに樽は冷えているので、そのまま炭酸ガスで押し出す事でビールが飲めます。
  • 樽が冷えていないとビールは泡だらけになり飲めません。
  • 1つの樽が飲み終わったら次の樽に移行する時にその樽が冷えていなければ使えません。
  • 冷蔵庫の役割があるので当然電源が必要です。
  • ガス圧力は樽温度が冷蔵庫内で一定の為、設定する必要はありません。通常「1」で固定します。
  • 樽が常時冷えている状態の為、樽は開栓後の劣化が遅くてすみます。

posted with カエレバ

通販メーカーによっては業務用の為扱っていない場合もあります

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

このサーバーはメーカーによっては空冷式サーバーとも呼ばれています。

③氷冷式生ビールサーバー(コールドプレート)

  • 常温の樽を回路(コールドプレート)を通る事で瞬間的に冷やして冷たいビールを出すので瞬冷式タイプのカテゴリですが、通常の瞬冷式とは違い、電源を使いません。
  • すでに出来上がっている氷を庫内に入れる事で回路(コールドプレート)を冷やします。
  • 冷えた回路(コールドプレート)を常温の樽生ビールが通る事で冷えたビールになります。
  • 電源は必要無い分、氷の用意が必要です。
  • 使用する毎に氷の力を使うので氷は溶けやすくなります。
  • 氷が溶けたら、すぐに氷を足す必要があり、随時確認が必要です。
  • 炭酸ガスは通常の瞬冷式と同じように樽温度に合わせたガス圧設定が必要です。
  • 酒販店などでレンタル出来る生ビールサーバーにはこの氷冷却式タイプの生ビールサーバーが多いです。
  • 電源が必要無い為に野外でのバーベキューやキャンプなどでも使用する事が可能です。
  • 大きさが小さめで簡易的なので持ち運びが出来やすいメリットがあります。

posted with カエレバ
通販メーカーによっては業務用の為扱っていない場合もあります

④直出し式生ビールサーバー

    • 生ビール樽から直接炭酸ガスにてビールを抽出するタイプです。
    • 常温のビール樽を使用すると泡だらけになってしまう為に、予め冷えている樽を使用する必要があります。
    • 結婚式の2次会やパーティーなどでまれに使用する例があります。
    • 樽の温度が高くなってしまうと泡だらけで使えないので素早く消費する必要もあります。
    • 移動時に樽を振ってしまうと泡だらけの原因になります。
    • ガス圧力は樽の温度によって設定するのですが、直出し式タイプの場合、予め冷えている樽を常温の場所で使う為に、樽の温度が時間と共に変化してしまいますので泡が多くなったり、少なくなったらその都度樽温度を図りガス圧設定をする必要があります。
    • 樽が一定温度以上になってしまうとガス圧設定では追いつけず泡だらけになるので、その場合の対処法は再度樽を冷やす必要があります。

posted with カエレバ

⑤オートサーバー(自動抽出サーバー)

ボタン操作で自動(オート)で抽出するタイプのサーバーです。

画像をアップすると以下のようにボタンがあります。

ここでビール液と泡の比率をセットしておくと、ボタンを押した時に設定した比率で自動でビールが注がれます。

  • ビールが冷える仕組みとしては瞬冷式タイプのビールサーバーと同じです。
  • 抽出がボタンを押す事で自動で抽出してくれます。
  • ビールの液と泡を自動で抽出してくれます。
  • 欠点としてセットしたビール液と泡の比率が樽の温度などで変わる事があります。その場合は設定した液と泡の比率になりません。ビール液が溢れる事や泡が極端に少なくなる不具合も・・。
  • またオート(自動)と言う事は通常のサーバーと比較すると故障する率も高いです。ボタンを押してもビールが出ない、ビールが出続けてしまうなどのトラブルも・・。
竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

このサーバーはバイキングなどでの飲み放題時にお客さんにボタンを押して注がせる時にも使用されています。また、ゴルフ場にも多く見かける事が出来ますよ!

まとめ

業務用樽生ビールサーバーの種類は大きく分けると5種類あります!

ぽっぽ
ぽっぽ

時代が進むにつれてより高品質なビールサーバーも出そうですね!

通販メーカーによっては業務用の為扱っていない場合もあります

また、炭酸ガスは業務用の炭酸ガスボンベから家庭用でも簡単に使えるミニガスの缶タイプの炭酸ガスもあります。

炭酸ガスボンベ(業務用)
炭酸ガスミニ(家庭用)

樽生ビールサーバーの部材などについては別記事でまとめていますのでそちらを参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました