サーバーからビールが出ない原因は!?ビール出ないトラブルの対策法!

ビールサーバー
竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

ビールサーバーから樽生のビールが出ない!なんて焦った経験ありませんか?
特にお店を営業している人で、注文があった場合にこのトラブルが起きたらとてもパニックになりますよね!
ここではビールサーバーからビールが出ないトラブルの原因と対策方法をまとめていますので参考にしてください。

樽が空樽状態になっている

樽内にビールが無い状態にてビールが出ないのが原因です。
新しい樽に交換すれば解決ですね!

炭酸ガスボンベの残量が無し(空ボンベ)状態になっている

炭酸ガスボンベを交換する事で解決します!

炭酸ガスボンベの元栓が閉じている

ボンベの元栓を開ける事で解消します。

減圧弁の数値が「0」に合わせてある

炭酸ガスの圧力を調整する減圧弁が炭酸ガスボンベのガス継手部分に設置してあるはずですが、その減圧弁ダイヤルが「0」にしているとガスをストップしている事になるのでガスが流れません。その為ビールを流す事が出来ずビールが出ません。
減圧弁の数値を上げましょう。

ヘッドが上がっている(閉じている)

ヘッドが開いていないと言う事は炭酸ガスボンベからのガスが樽内に流れていない状態なのでビールは流れません。
ヘッドを開ける(下げる)事で解決します。

スポンジ玉が回路やホースに詰まっている

洗浄時のスポンジ玉が回路内やホース内に詰まっている状態が原因でビールが流れません。
スポンジ玉の詰まりを解消する必要があります。
別記事で紹介している格納サーバーなどの場合は詰まっている箇所を目で追う事が出来るのでその部位に圧力などをかけたり動きを加える事で解消するケースがありますが、通常の瞬冷サーバーの場合で回路内に詰まってしまっている場合は目で追えませんのでその場合の対策法としては、

  1. ガス圧力を最大に上げる
  2. ガスの流れに動きを付ける為に減圧弁の数値を「MAX」と「0」で交互に繰り返す。
  3. これは危険度が高いので素人は厳禁ですが、減圧弁を外して炭酸ガスボンベから直接ヘッドへガスを流す事でそのガスの勢いによりスポンジ玉を吐き出せる。

サーバー内部の水槽内が全面的に凍っている(全面凍結)

樽を常温の場所に置いて瞬間的に冷やして生ビール出す「瞬冷サーバー」の場合はサーバー上のフタを上げると水槽がありますね!
その水槽内の外側部分は氷で覆われているのが通常ですが、サーバー故障によって全面的に氷が覆われている状態になる事があります。(全面凍結と呼ぶ)
この状態の場合は、ビールは出ません。
個人が所持している場合は修理に出す必要があります。
お店が所持している場合でメーカーの貸し出しタイプの場合は使用している樽生のメーカーに連絡しましょう!
酒販店経由でも連絡してくれるはずです!

忙しい土日の営業中にビールが出ない!?全面凍結の一時的対策法


全面凍結をしている場合は個人での対処ではなく、基本的にサーバー故障になるのビールサーバーのメーカーへの依頼になります。
個人の趣味でビールサーバーを購入している人は大きな問題でもなさそうですが、居酒屋などのお店でお客さんを相手にしている場合は大問題ですよね!
さらに土日のビールが出る夕方以降の営業時間の場合はメーカーへの連絡も付かない事が多いでしょう!
特に土曜日の夜は樽生ビールは一番の稼ぎ時ですからね!
そんなパニック状態でも慌てないでください!実施出来る裏技方法があります。
サーバー内部の水槽内の全面凍結の場合は回路近くの氷が溶ければ使う事が出来るので、電源を抜いてフタを開けて水槽内に熱湯を入れて氷を溶かしましょう!回路付近の氷が溶ければ使えますが、再度電源を入れてしまうと再度異常な氷の貼り方をしてしまうので電源は抜いたままにしておきましょう!
(後日修理依頼をしてください)
その後の注意点と対策は、水槽内に全く氷が張らないのも、水槽内の温度が高くなりその中にある回路を通って出てくるビールは冷えなくなり泡だらけになる原因になるので水槽内の2割が凍っている状態を保つ事がポイントです。
この方法を実現する
にはサーバーの水槽内に飲み物に入れる氷ブロックを水が冷えるまで入れる事です。
一度泡が多すぎない適正な冷たいビールが出るか試してみて大丈夫ならその状態を維持するようにしましょう!
維持するとは、サーバーを使用したり、室温が上がったりする事で水槽内の氷は解けるので、1時間に1回は水槽内の様子を見てブロック氷を付け足す作業です!
大変ですが、これでその日は乗り切れるはずですよ!
あとは後日、酒販店経由か、使用している樽生メーカー経由でビールサーバーのメーカーを呼んで修理をしてもらうだけです!
全面凍結の場合はその場では解消せず、通常は代替サーバーを置いてもらい、その間にメーカーが修理するのが基本です。
元のサーバーが戻ってくるのは数週間後かもしれませんね!
又は、ビールメーカーからのレンタル使用の場合は別のサーバーが設置されるかもですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました