樽生のビールサーバー使用時の泡が少ないor出ないトラブル!?原因と解決方法まとめ!

ビールサーバー
竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

個人でもお店経営でも、樽生を使用する為に、ビールサーバーを所持している人は少なくはないのではないでしょうか。
しかし、缶ビールや瓶ビールでビールを飲むのと違い、ビールサーバーを使用してビールを出す樽生ビールの場合は急なトラブルも付き物です!

そんなトラブルの中でも、意外とトラブルが起きているのに気づかずにそのままの状態で生ビールを出しているケースが多いトラブルもあります。
そのトラブルとは生ビールの泡が少ないor出ないトラブルです!
ビール液は出るけど、泡が出ないor少ないトラブルは意外と多いですが放置されているケースも多いのです!
ここではそんな泡が少ない!orほとんど泡が出ないトラブルの解決対策方法を紹介していますので参考にしてください。

泡が少ない!or泡がほとんど出ない!トラブル&対処法!


ビール抽出時の時点で泡が出ない場合や少ない場合のほとんどはカラン内のスライド弁に原因がある事が多いです。
また、ビール抽出時は泡が出るが、ジョッキに注いでから泡がすくなくなったり、少なくなるのはジョッキや注ぎ方に原因がある場合が多いです。
以下泡が少ないor出ない原因の一覧まとめです。
参考にしてください。

原因① カラン内のスライド弁の泡穴が詰まっていると泡が少ない&出ない!


ビールを抽出するサーバーに付いているカランは洗浄する時に分解しますよね!
分解した時に「スライド弁」と呼ばれる金属の棒を見る事が出来ると思います。
このスライド弁をカラン内で前後する事でビールが通る道は通常の道と泡になる為の小さな穴を通る道に入れ替えが出来るようになっているのです。
問題はこの泡を作る為のビールが通る小さな穴ですが、ここにゴミやビールカスの固まりなどが詰まってしまう事で泡付けがうまく出来なくなってしまいます。
解消方法としては、スライド弁を念入りに洗浄する事です。
スライド弁の水やくぼみだけでなく、小さな穴も綺麗にする為に水を流しながらブラシで洗浄するようにしてください。
貯め水の中での洗浄ではなかなか小さな穴のゴミや汚れまでは落とせない事があるからです。
また、ビール成分の場合は熱を加える事で多少柔らかくなるので、熱湯に入れて温めてからブラシで洗浄する事で落としやすくなるでしょう!

原因② ジョッキが汚れている場合も泡が少なくなる!


ジョッキが汚れている場合も泡が少なくなる事があります。
ジョッキが汚れているかどうかの判断としてはジョッキの内側に気泡が付いている事が挙げられます。
ジョッキに油分などが付着していると、そこに気泡が発生します。
このような状態のジョッキにビールを注ぐと泡が少なくなったり、キメが細かい泡がすぐ無くなってしまう事があります。
サーバーから出てくる泡は通常の泡でもジョッキに注いですぐに泡が少なくなってしまうケースはこのジョッキの洗浄不足が原因に挙げられますので確認してみましょう!
また、ジョッキの清潔度は美味しいビールを作る為のポイントでもありますので、ジョッキ洗浄は徹底させるようにしましょう!

原因③ ビールの注ぎ方が雑である!


ビールの注ぎ方が雑であると泡がすぐに消えてしまいます。

①ジョッキをカランに45度の角度にセット!
②泡を立てないように7割まで注いでジョッキを立てる!
③ジョッキを泡抽出口に持っていきカランを押して残り3割の泡付けをする!

を実施してください。
泡が長持ちするポイントになります!

放置は厳禁!?樽生サーバーだから出来る美味しい泡のメリットは生かそう!


泡が多いトラブルや、ガス漏れ、ビールが出ない、味がオカシイなどのトラブルは緊急性があるのですぐに対処しますが、泡が少ない場合はそのまま放置する事も多いのです。そして、放置期間が長いといつの間にか樽生サーバーでの泡はこんな感じだと思い込んでしまう人もいるのです。
実際は樽生サーバーで作る泡は瓶や缶で注ぐ時には出ないキメが細かくクリーミーで美味しい泡が作れるのが大きなメリットの1つです。
そんな泡を抽出せずに生ビールを抽出するなんて勿体ない!
缶や瓶と樽生のビールの中身は同じですが、樽生の美味しい理由の1つに樽生でしか出せない泡があるのです。

泡が少ない!ほとんど泡が出ない!なんて場合は上記の原因を1つづつ調べてみましょう!
樽生ビールの美味しい理由の1つのきめ細かくクリーミーな泡を作れるという大きなメリットを最大限に引き出さないと勿体ないですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました