発泡酒&第三のビールは身体に悪い!?アセスルファムK?カラメル色素!?

ビールのあれこれ

発泡酒や第三のビールって身体に悪いって話をよく耳にしますね!

実際はどうなのか?気になる人も多いと思います。

特に、毎日晩酌をする人にとっては知っておきたい知識ですよね!

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

説明します!

 

 

身体に悪いと言われる原因はアセスルファムKとカラメル色素!

ビールにはなく、発泡酒や第三のビール(第四のビール含む)にある原材料の中にはアセスルファムKとカラメル色素を使用しているものがあります。

特に糖質ゼロと謳っている商品はアセスルファムKが含有されれている可能性が高いです!

 

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

この成分を確認してみましょう!

①アセスルファムKって!?身体に不要物残留?発がん性?

アセスルファムカリウムは、人工甘味料の1つである。アセスルファムKと記されることもある。「Sunett」及び「Sweet One」という商標が取られている。欧州連合では、食品添加物分類番号で「E950」と呼ばれることもある。

出典:Wikipedia

アセスルファムK(カリウム)は自然界には存在しない人間が作った人工甘味料です。

アセスルファムkには実はプラスチック成分と同じ成分の塩化メチレンが含まれているのです。

ここに研究者が指摘して「体内に不要物の残留があるのでは?」とか、「発がん性の成分になるのでは?」と研究が進めている研究者や学者もいるようです。

これを受けて発泡酒や第三のビールで原材料に「アセスルファムK」の記載があると不安になる消費者が多いようです。

アセスルファムKの詳細については以下のページで説明しています。

②カラメル色素って!?発がん性あり?

カラメル色素は天然、あるいは人工的に造られた食品用着色料の一種である。

出典:Wikipedia

カラメル色素はコーラにも使用されています。

カラメル色素は全部で4種類(カラメルⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ)あります。

このうち「カラメルⅢ」と「カラメルⅣ」には、原料にアンモニウム化合物が使用されている事が心配の種になっています。

このアンモニウム化合物が製造過程で化学変化にて4-メチルイミダゾールと言われる物質が出来てしまうのですが、この4-メチルイミダゾールには発がん性が疑われています。

そこから発泡酒や第三のビール(第四のビール含む)にカラメル色素の原材料名記載がある場合には身体に悪いのでは?健康に悪いのでは?ガンになってしまうのでは?と消費者が不安になっているのです!

 

アセスルファムKが含有されている発泡酒・第三のビールについての声まとめ!

ネット上でもアセスルファムKが含有されている発泡酒や第三のビール(第四のビール含む)についての心配する声が多いです。

ちなみに第四のビールも第三のビールとして同じ扱いにしています。

第三のビールと第四のビールについては以下のページで説明しています。

 

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

それではアセスルファムK含有の発泡酒&第三ビールについての声をまとめてみますね!

 

カラメル色素を心配する声も多数!発泡酒や第三のビールに含有するカラメル色素!

アセスルファムKと同様に身体に悪い(発がん性など)を疑われるカラメル色素含有の発泡酒や第三のビールについても心配する声が多いです!

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

カラメル色素についての声まとめてみますね!

 

身体に悪くない!?安全発泡酒&第三のビールを選ぶポイント!糖質ゼロは要チェック!出来ればビール!?

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

カラメル色素もアセスルファムKも厚生労働省も使用を認めているので大量摂取とかしなければ身体に悪いと言うわけではないかもしれませんが、それでも心配な人は心配しますよね!

 

ビールは特別嫌いなどの問題が無ければカラメル色素もアセスルファムKも入っていない通常ビールがオススメです。

ぽっぽ
ぽっぽ

サッポロなら「黒ラベル」、アサヒなら「スーパードライ」、キリンなら「一番搾り」、サントリーなら「プレミアムモルツ」って感じですね!

しかし、お金の面で・・・。とか、

もうちょっと糖質や脂質、プリン体を抑えたい!

だから毎日飲むにはビールは適さない!なんて人には糖質をある程度抑えた発泡酒や第三のビールがオススメです。

完全に糖質を抑えている場合は甘さがない部分を補う為に人工甘味料であるアセスルファムKが入っている可能性が高いからです!

 

100%糖質がoffになると甘さをごまかす為に「人工甘味料アセスルファムK」を使用する事が多いのでポイントは糖質が完全にoffではなく70%程offを選ぶ事です。そこでカラメル色素の有無を確認しましょう!

発泡酒&第三のビールでオススメ3選!(アセスルファムK無し&カラメル色素無し)

割安な発泡酒や第三のビール(第四のビール含む)でアセスルファムK無しでカラメル色素も無しの物を教えて欲しい!との要望があったのでここに記載しておきますね!

 

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

アセスルファムK無しでカラメル色素無しだけど味には定番がある発泡酒&第三のビール(第四のビール)のオススメ3選です!

 

 

淡麗グリーンラベル糖質70%オフ(キリンビール)【発泡酒】

脂質ゼロ、人工甘味料アセスルファムK無し、カラメル色素無しの「淡麗グリーンラベル」。

甘味、苦味、酸味のバランスがちょうど良いのでオススメです!

 

淡麗グリーンラベルについては別途以下のページで詳細に説明しているので興味があれば合わせてご覧ください。

 

 

金麦 糖質75%オフ(サントリー)【第三のビール】

超人気のサントリーの「金麦」ですが、その金麦の糖質を制限したタイプです。

のどごし ZERO (キリンビール)【第三のビール】

糖質ゼロ、プリン体ゼロ、人工甘味料アセスルファムK無し、カラメル色素無しの「のどごし ZERO」。
糖質ゼロなのにそれを味で補う為の人工甘味料アセスルファムKも無し。
一番いいんじゃ、と思うかもしれないですが味はマイナス評価も多いです。身体には悪くないのかもしれませんが・・。

 

まとめ

発泡酒&第三のビールは身体に悪いと言われるのは人工甘味料「アセスルファムK」や着色料のカラメル色素に健康被害の恐れがあると言う研究者がいるからです。

しかし、厚生労働省もこの2つの成分は食品の使用を認めているので公的に健康被害があるとは言われていません。

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

あくまでも一部の研究者や学者の意見です。

気にしないならどんどん発泡酒も第三のビール(第四のビール含む)も飲んでいいと思いますよ!
気にする場合はビールや上記で紹介したアセスルファムKとカラメル色素無しの発泡酒&第三ビールをオススメします。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました