【生ビール冷えてますの真偽は!?】冷蔵庫サーバーのみ言える!?通常は冷やす!が正解!

ビールのあれこれ
ビール君
ビール君

よく夏になると見かける生ビール冷えてます!って旗。

ぽっぽ
ぽっぽ

知ってます!暑い日はその旗見るとお店入りたくなりますよね~。

通販でも売られています。こんな感じです。

実は、この生ビール冷えてます!のフレーズが正解になるのは冷蔵庫タイプの格納サーバー(空冷式)だけです!

お間違いないように!お店の人も(笑

生ビールが既に冷えているのは冷蔵庫タイプのビールサーバーのみ!

あの生ビール冷えてます!が正解として通用するのは樽生を冷蔵庫で冷やして出す格納サーバーと言われる冷蔵庫内で樽を冷やして注ぐビールサーバーです。

ビール君
ビール君

最近では数が減ってしまいました。

ほとんどの飲食店では通常の瞬冷サーバーを使用している事でしょう!

通常のビールサーバーとは瞬冷式のビールサーバーです。

瞬冷ビールサーバーとは、樽を常温で置いておいて、注文が入ったら炭酸ガスの力で樽内のビールをサーバーに追い出して注ぐタイプです。

この場合は常温の樽内のビールが氷で覆われたサーバー内の回路を通る事で一瞬でビールが冷える過程を通りビールが注がれます。

ですので、生ビールは冷えてません。注文が合ってから冷やします!

氷冷式と言われる電源無しで氷を入れて使う簡易的なビールサーバー(コールドプレート)なども回路の代わりにコールドプレートと言われる特殊部材が入っており、氷を入れる事で温度が伝わり常温ビールを瞬間的に冷えたビールとして注ぐので瞬冷と同じように注文があってから常温樽生ビールを即座に冷やします。

ほとんどの飲食店の場合の正解は「生ビール冷やします!」本当の「冷えてます!」なら美味しい樽生飲めるかも!?

冷蔵庫タイプの格納サーバー(空冷式)を置いてある場合は「生ビール冷えてます!」が正解ですが、ほとんどの場合は通常の瞬冷サーバーなので「生ビール冷やします!」が正解になります。

どっちでもいいやん!って思うかも知れませんが、割合的には冷蔵庫タイプのビールサーバーで出す樽生ビールのほうが美味しい可能性が高いです。

肌感ですが。理由は以下の記事でまとめていますので参考までに!

なぜ現在も「生ビール冷えてます!」の旗が多いのか!?昔からの定着フレーズ!?

出典:Amazon

単なる言葉の違いかも知れませんが、現状でも「生ビール冷えてます!」の旗などを掲げるお店の多くは樽を冷やすタイプの瞬冷サーバーでしょう。

しかし、なぜ生ビール冷えてます!の旗が多いのか?

これは昔のビールサーバーと言えば冷蔵庫タイプで樽生を冷やす格納サーバーだったからです。

それがメーカーの進歩により瞬冷サーバーに変わってきた時代背景があります。

現状でも冷蔵庫タイプのサーバーはありますが、メーカーがお店に手配するのにも瞬冷よりも価格が高い為に億劫になっている事実もあります。

余談ですが、現在のお店に置いてあるビールサーバーは使用している樽のメーカー側が無償でお店に貸し出しています。

例えばお店側がアサヒビールのスーパードライの樽を使っている場合はアサヒビールの営業マンが、ホシザキなどのサーバーメーカーからビールサーバーを購入してお店側に無料で貸し出しています。

なので、各メーカー側も出来るだけ安いサーバーを購入して貸し出したいので高い冷蔵庫タイプよりも割安な瞬冷タイプを選ぶ事が多くなった事が瞬冷サーバーメインになった要因の1つです。

その他には以前の記事でも紹介したように樽消費量が多いと冷蔵庫タイプだと追いつかないデメリットがあるからです。使いやすさや面倒じゃない点を考慮すれば格納サーバーのほうにメリットがあるのですが、消費が追いつかなくなってしまうのはデメリットですからね・・。

このように現在では瞬冷サーバーが定番になっていますが、格納サーバー(冷蔵庫タイプ)を使っていた昔からの「生ビール冷えてます!」のフレーズが定着しているので、現在でもそのまま「生ビール冷えてます!」が定着してるだけなのでしょう!

通販で調べてもまだまだありますね!「生ビール冷えてます!」の旗!

通販で調べてもまだまだ販売していますね。

かなり売れているようです。

ビール君
ビール君

実際に通販で「生ビール冷えてます」で検索すると数多くヒットします(笑

まとめ

あくまでも内部を知っている私の感想としてははやく、「生ビール冷やします!」に切り替わる時代になって欲しいな!って思います。

ビール君
ビール君

あの生ビール冷えてます!を見るとどうしても違和感があるんですよね・・。

私だけか・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました