人気おすすめ【痛風でも飲めるビール(プリン体ゼロ)】尿酸値上げずに!

ビールと健康

 

ビールまにあ
ビールまにあ

ビール好きにとっての大きな敵は痛風持ちの人や尿酸値が高めの人ですよね!そんな人達の為に人気おすすめの痛風でも飲めるビールまとめました!

痛風でも、高尿酸血症でも飲めるビール類と言うことは尿酸値を高める原因でもあるプリン体が0のビール類であるとして以下銘柄をまとめていますので御了承下さい。

また、痛風の原因であるプリン体の有無の他にも気になる人が多い「アセスルファムk」や「カラメル色素」については別途、以下のページで紹介しているので、合わせてご覧下さい。

プリン体ゼロ表記!痛風&痛風気味の人の為の人気おすすめビール・発泡酒・新ジャンル

痛風や高尿酸血症の敵である「プリン体」ゼロ表記のビールの人気おすすめ

また、別途以下ではプリン体有りでも気兼ねなくビールが飲めるお酒飲む人の最強サプリまとめです。興味がある方は以下のページの尿酸値対策サプリ部分を読んでいただければと思います。

 

ビールまにあ
ビールまにあ

痛風でも気兼ねなく飲めるプリン体0ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)は以下。

 

アサヒ オフ

 

プリン体ゼロ表記、糖質も人工甘味料もゼロ表記です。

アルコールも3%以上4%未満と適度。

そして個人的に麦芽の香りも楽しめるので一番オススメかなと思えます。

サッポロ極ゼロ

プリン体ゼロ、糖質もゼロ、人工甘味料もゼロ。

健康を考える人にもオススメ出来る発泡酒です。

キリン淡麗プラチナダブル

プリン体ゼロ表記でありながらキレ味が強く飲みごたえがあるのが人気です。

 

アサヒスタイルフリーパーフェクト

痛風でも飲めるプリン体ゼロビール

出典:アサヒビールHP

アルコールは6%ですが、プリン体の他に人工甘味料、糖質、着色料がゼロ表記になっています。

6%なので飲みごたえがあります。

キリン のどごしZERO(ゼロ)

 

プリン体や糖質がゼロ表記です。

また、新ジャンルビールでもあります。

「うまみ搾り」【番外編】逆に尿酸値を下げるノンアルビール!?

こちらは、アルコール含有がないノンアルコールビールになりますが、プリン体ゼロだけでなく尿酸値を下げる「アンセリン」を含有した世界初のノンアルコールビールです。

 

酔わなくてもいいよ!って人は逆に尿酸値を下げるノンアルビール「うまみ搾り」がおすすめ!

そもそも尿酸値を高める原因はプリン体にある!ビールにも多く含まれています!

プリン体ゼロ表記をしているビールを紹介しましたが、痛風の人や予備軍の人になぜオススメかと言うと尿酸値を高める成分がプリン体と言われる成分でそのプリン体がビール類に多く含まれているからです。

上記で紹介したプリン体ゼロ表記は100ml当たりプリン体0.005mg未満のものをプリン体0.00と表示できるようですので完全なる0ではないようですね!

痛風とは

痛風とは、ある日突然、足の親指などの関節が腫れて激痛におそわれる病気で、男性に多い病気です。この症状は発作的に起こることから「痛風発作」とよばれ、発作が起こると、2~3日は歩けないほどの痛みが続きます。
その後、痛みは徐々にやわらいでいきますが、正しい診断や治療を受けずに放置していると、同じような発作が繰り返し起こり、発作を起こすたびに病態は悪化していきます。

出典:全国健康保険協会

また、尿酸値が高めの人は高尿酸値血症と言われる状態にある場合があります。

痛風の一歩前の状態を指します。

高尿酸血症とは

痛風の背後には、「高尿酸血症」という病気が潜んでいます。高尿酸血症とは、体内でつくられる尿酸が増えすぎている状態です。
尿酸は体の新陳代謝により発生する老廃物です。通常、体内の尿酸は産生と排出のバランスを保ちながら、一定の量に保たれるようになっていますが、尿酸が過剰につくられたり、排出がうまくいかなくなったりすると、体内の尿酸は一定量を超えてしまいます。こうして血液中の尿酸の濃度が7.0mg/dlを超えた状態が高尿酸血症です。
高尿酸血症は、それだけでは自覚症状はありませんが、尿酸濃度が高い状態が続くと、血液に溶け切れなかった尿酸は結晶化して、関節や組織にたまっていきます。関節にたまった尿酸結晶に対して免疫細胞が反応し、炎症を起こして痛風となるのです。

出典:全国健康保険協会

痛風にしても、予備軍でもある高尿酸血症にしても、プリン体を控えた食生活が大切になります。

プリン体を含まないビールを飲めばいいのか?と言われれば一番は飲まないほうがそりゃいいですが、どうしても飲みたい場合にはプリン体がゼロのビール類がオススメなわけです!

さらに痛風や予備軍の人は毎日の適度な運動も大切ですよ!

痛風で薬を通院している人も医者から薦められるプリン体ゼロ表記のビール!

痛風や高尿酸血症の人で医者に通っている人は定期的に薬を飲んでいると思います。

薬まで必要ない人は毎日の運動とプリン体を多く含む食事を控える食事方法を薦められているでしょう。

私は定期的に薬をもらっています。

また、もしも発作が起きてしまった為の痛みを抑える薬である「コルヒチン」も自宅に置いてあります。

こんな状態でも、医者にビールが飲みたい話をするとプリン体ゼロ表記のビール又は焼酎を薦められます。

ビールまにあ
ビールまにあ

プリン体ゼロ表記のビール類以外ではアルコール類では焼酎も許可されます。

しかし、アルコールを大量に飲むと痛風にはよくありません。

乳酸が作られてさらに尿酸が作られ、血中の尿酸値を上昇させてしまうからです。

痛風や高尿酸血症の人は1日500ml以上は控えたほうが良いでしょう!

薬を飲んでいるからと言ってもアルコール飲みすぎでは一向に改善しません。

適度な運動と食事法を毎日続ければその薬も減らす事が出来るんですよ。

ビールと一緒にこれを飲もう!尿酸値降下作用があるアンセリンサプリ!

最近聞く「アンセリン」。週刊誌などでも痛風患者の数値改善で取り上げられていますね。

アンセリンと言う成分には尿酸値を下げる作用があります。

実はサプリメントでもアンセリン配合タイプがあります。

それが痛風対策&尿酸値対策サプリメントの「健康数値栄養補助食品アンセリン配合/PN-0(ピーエヌゼロ)」です。

ビールまにあ
ビールまにあ

痛風や高尿酸血症だけど医者の薬には頼らず運動とサプリで改善していきたいと思う人にもオススメです。

ベストは医者の薬と並行して摂取して定期的に尿酸値を測り下がっていれば医者の薬のほうを減らしていく方法がベストです。

願わくば医者の薬なしで痛風や高尿酸血症改善ですね!



まとめ

尿酸値ゼロ表記の中でもうまい!美味しいの声が多い人気おすすめのビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)でした。

痛風や高尿酸血症の人は基本はどうしても飲みたい日にプリン体ゼロ表記のビールを500mlまでがベストです!

適度な運動も忘れずに実施しましょう!
また、痛風対策の尿酸値を下げる作用のサプリメントを飲んでいれば飲める量は増やせるかもですね!

痛風・尿酸値対策サプリについては、別途以下のページの痛風・尿酸値対策サプリ部分にて紹介していますのでよろしければ合わせてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました