ホッピーとは何?ビールとの違いは?どこで買う?原材料成分は?健康にいい?悪い?

ホッピービバレッジのホッピー画像
「ホッピー」は1948年に東京赤坂で製造販売が開始され、半世紀以上人気を保っている元祖ビアテイスト清涼飲料水です。

表記上は清涼飲料水ですが、アルコール度数は0.8%なので、アルコール入りの飲料になります。

焼酎と合わせて飲む飲み方が定番ですが、ジン、ウォッカ、梅酒などと組み合わせたり、ストレートで飲む飲み方も人気ですね。

 

ビールまにあ
ビールまにあ

ここでは「ホッピー」ってどんな飲み物なのか?ビールとの違いや原材料、売っている場所について紹介しています。

ちなみに通販では普通に買えますよ!

\ 大手通販は安い!/

「ホッピー」とは何?どんなお酒?どんな飲み物?特徴・ポイントは?

「ホッピー」が注がれたグラスとその瓶

「ホッピー」って何?どんな飲み物?どんなお酒?って飲んだ事がない人は気になる人も多いですよね。

「ホッピー」とは、ホッピービバレッジが開発した清涼飲料水です。

清涼飲料水だがアルコール入り?【特徴・ポイント①】

清涼飲料水としてのカテゴリに分類されるのですが、微アルコール飲料です。

「ホッピー」はアルコール度数0.8%です。

アルコール度数が1%未満なので、酒税法上はお酒にはならず「清涼飲料水」になっているだけです!「ホッピー」はアルコール入りなので、ノンアルコールビールではありません。

 

麦芽とホップを使用したビールテイスト清涼飲料水?【特徴・ポイント②】

他の清涼飲料水と大きく違う点は麦芽とホップを使用している事です。

炭酸だけでなく、麦芽とホップを使用したビールテイスト的な清涼飲料水です。

「ホッピー」は焼酎や他のお酒などと割ったり、混ぜたりして飲む人も多いですが、ストレートでそのまま飲む人も多く人気です。

「ホッピー」の飲み方については別記事で紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

 

「ホッピー」とビールの違いは?「ホッピー」はビールじゃない!

「ホッピー」を手で持っている

「ホッピー」は麦芽とホップを使用して作られています。そして製造過程もビールと同じです。

【違い①】製造ノウハウの違い

製造過程はビールと同じですが、使用している酵母、発酵する時間、麦汁の濃度などはビールとは全く違う方法で製造されています。

同じビール内でも銘柄によってこれらに違いはありますが、その違いの差がビールと「ホッピー」では雲泥の差があるようです。

ビールまにあ
ビールまにあ

ちなみにどう違うかはホッピービバレッジさんより非公開とされているのでお伝え出来ません。

【違い②】原材料の違い

ホッピーの原材料部分

ビールと「ホッピー」は原材料にも違いがあります。

原材料を確認すると、麦芽とホップを使用しているところはビールと同じです。

しかし、ビールでは基本的に使われない「粉飴」、「ぶどう糖」、「酸味料」、「調味料(アミノ酸)」などが使われています。

【違い③】成分数値の違い(健康的)

「ホッピー」のアップ画像

「ホッピー」とビールの違いには成分の数値にも大きく違いがあります。

ビールに比べてカロリーが低い事がまず挙げられます。基本的なビールの4分の1程度のカロリーなのでダイエットや健康を意識している人にはありがたいですよね!

また、糖質も基本的なビールに比べて少なめです。カロリーが少ないって事は当然糖質も少ないのは当然ですね。

そして、ほとんどのビールに含まれているプリン体がゼロです。高尿酸血症や痛風の人にはありがたい事です。

ビールまにあ
ビールまにあ

さらに、基本的な飲み方として焼酎を合わせたとしてもビールよりはすべてが少なめ。焼酎も基本的にプリン体ゼロで糖質ゼロ、低カロリーなので当然です。

\ 大手通販は安い!/

「ホッピー」の原材料は?成分は?カロリーは?プリン体は?糖質は?

ホッピーの原材料部分

気になる人が多いのが「ホッピー」の原材料と成分です。
「ホッピー」が現在でも人気があるのは、味わいだけではなく、ビールに比べて健康的でダイエットしている人にもおすすめ出来る点にあります。
ビールまにあ
ビールまにあ

以下「ホッピー」の原材料と成分です。

原材料

  • 麦芽
  • 粉飴
  • ぶどう糖
  • スターチ
  • ホップ
  • 酸味料
  • 調味料(アミノ酸等)

成分(100mlあたり)

  • アルコール分:0.8%
  • カロリー(エネルギー):11kcal
  • タンパク質:0.1g
  • 脂質:0.1未満g
  • 糖質:1.7g
  • プリン体:0
ビールまにあ
ビールまにあ

糖質が少なく、カロリーも少ない、そしてプリン体はゼロとはダイエットや健康を意識している人にありがたい!

\ 大手通販は安い!/

「ホッピー」は健康にいい?悪い?子供や妊婦は?尿酸値・痛風・血糖値・糖尿病には?

「ホッピー」は前述の通りカロリーや糖質がビールに比べて低く、プリン体はゼロです。そしてアルコール度数も低めです。
高尿酸血症や痛風の人など、尿酸値を気にする人でビールが飲みたいけど数値が気になって飲めない!って人には「ホッピー」はおすすめです。
さらに、高血糖の人や糖尿病、糖尿病予備軍の人にも、「ホッピー」は低糖質なのでビールを飲む事に比べるとおすすめする事は出来ます。

その為、ビールを飲むのに比べると、健康にいいと言えます。

ビールまにあ
ビールまにあ

ですが、高尿酸血症や痛風の人、糖尿病や糖尿病予備軍の人に関して言えば、アルコールが少しでも含まれる「ホッピー」は飲むよりは飲まないほうがいいに決まってますよね。あくまでもビールに比べると健康にいいと言う事です。

さらに、当然ですが「ホッピー」に焼酎や他のお酒などを入れるとその分、カロリーなどは高くなってしまいます。カロリーも糖質も最小限に抑えて、プリン体もゼロのままにしたいならストレート飲みがおすすめ。

 

「ホッピー」をそのままストレートで飲んだレビューについては別記事で紹介しているので興味があれば合わせてご覧ください。

「ホッピー」はストレートで飲んでも禁酒ではなく飲酒になる?子供は飲めない?妊婦・授乳中は?

前述した通り「ホッピー」はノンアルコールビールではなくアルコール度数0.8%のアルコール入りの飲料水です。

その為、焼酎無しでそのままストレートで飲んだとしても、アルコール摂取になってしまいます。

禁酒したくて「ホッピー」を飲んでいる人がいるようですが、アルコール入りなので禁酒にはなりません。それは飲酒になってしまいますので注意が必要です。

子供や妊婦・授乳中の女性もNG?

「ホッピー」はアルコール入りなので当然ですが、子供や妊婦、授乳中の女性もNGです。

妊娠中の妊婦や授乳中のママさんはアルコール摂取になってしまうので控えましょう。

そして、ノンアルコールビールと勘違いして子供に飲ませてはいけません。飲酒になってしまいますので大変危険ですよ!

\ 大手通販は安い!/

「ホッピー」が売ってない?どこで買えるの?取り扱い販売店は!?

「ホッピー」を手で持っているところ

「ホッピー」を買いたいけど売ってない!どこで買えるの?って疑問になっている人は多いと思います。

「ホッピー」は業務用が多いので、市販販売として購入するよりも居酒屋で見る事のほうが多いと思います。

しかし、業務用だけでなく市販用の「ホッピー」も販売されています。

主な取り扱い店としては、コンビニやスーパーよりも、大型酒販店などの酒専門の店に多いようです。また、通販でも買う事が出来ます。

「ホッピー」が売っていた!買えた!の声があった店

「ホッピー」が売っていた!買えた!の声があった店を抜粋しています。
  • ドン・キホーテ
  • やまや
  • カクヤス
  • 肉のハナマサ
  • ミニストップ
  • 各酒販店
  • 各大型のスーパー
  • 大手ネット通販内のショップ

「ホッピー」の通販

近所にどうしても「ホッピー」が売っている取り扱い店が見当たらない場合は通販で買うのがおすすめ。

\ 大手通販は安い!/

ビールまにあ
ビールまにあ

まとめ買いすると1本あたり割安で買えますよ。(送料無料になった場合)

まとめ

ホッピーは麦芽とホップで作られていますが、ビールとは違う清涼飲料水です。ビールに比べれば健康やダイエットにもいいのでおすすめです。

あまり売ってない事も多いですが、通販では買えるので飲んだ事がない人は試してみては?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました