「ビール」と「発泡酒」と「新ジャンル」の違いを分かりやすく丁寧に!

ビールのあれこれ
竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
ビールと言っても、実際には本当の「ビール」であったり、「発泡酒」の事を指している場合もあったり、または「新ジャンル」と呼ばれるジャンルのお酒を指している場合もあり、ビールと言う言葉の意味が曖昧になってきていますよね。

そこで商品によって分かれている「ビール」、「発泡酒」、「新ジャンル」を分かりやすく解説したいと思います^^。

酒税法という法律によって分かれるアルコールジャンル

「ビール」、「発泡酒」、「新ジャンル」は実は大きく分けるポイントになっているのがお酒の事を定めている法律です。

その法律名は「酒税法」と呼ばれています。

この酒税法によってジャンルを分けているのですが、その分け方とは「麦芽の使用率」と何を使用して作られているかの「使用原料」が大きなポイントになります。

酒税法によるビールとは

酒税法によるビールとは麦芽を原料の3分の2以上使用していて、さらに政令によって定められた原料(ホップ、米、トウモロコシ、でんぷんなど)を使用している事です。

酒税法による発泡酒とは

発泡酒はビールとの大きな違いは麦芽使用率が3分の2未満である事です。さらに、ビールとして使用できない原料を使用している場合です。

この麦芽使用率と原料で作られて発泡性を有する酒類が「発泡酒」になるわけです。

酒税法による新ジャンルとは

新ジャンルと呼ばれるお酒は酒税法で「その他の醸造酒」(第3のビール)か「リキュール」(第4のビール)に分類される酒類になります。

この2つのタイプをさらに分けると、ビールや発泡酒は麦や麦芽を主原料として使いますが、それ以外の原料を主原料として使用して作られた場合は「その他の醸造酒」に位置出来ます。

さらに、今までの「発泡酒」の状態にスピリッツや蒸留酒などを加えて作られたお酒は「リキュール類」に位置づけられます。
この2つはどちらとも大きなくくりで言うと「新ジャンル」と呼ばれるお酒になります。ビールでも発泡酒でもない位置づけですね!

ジャンルによる税率の違いが商品価格の違い


ビールとひとくくりにしても「ビール」、「発泡酒」、「新ジャンル」と大きく分けられる事が分かったと思います。

でもなぜ大手ビールメーカーは酒税法とにらめっこしながらそこまでジャンルの違いに拘るのか?

それはそのお酒のジャンルによって税率が違うからです。

メーカーはどのメーカーも出来るだけ安く商品を販売したいわけです。

その為には酒税を出来るだけ抑えなければ安く売りだす事が出来ません。

酒税の税率は非常に頻繁に率が変わるので把握しずらいですが、決まってビール>発泡酒>新ジャンルの順に高い税率になります。

理由は税率を決める根本の部分は麦芽の率によるからです。

ビールのように麦芽使用率や指定された原料などを使っていると高い税率で麦芽当を使わない場合は低くなります。

その為に新ジャンルビールに各大手メーカーが躍起になっているわけです。

これはあくまでも私見ですが、たばこと違ってアルコールは適度の量なら身体にも良い精神特効薬です。

酒税法により、ビールや発泡酒、新ジャンルなどに酒税を定めるのではなくて、お酒類はすべて一律にして、さらに低く設定して欲しいものです。

余談かも知れないですが子供も大人もゲームをやる事で目が悪くなり、社会性も狭くなります。このようなゲーム類に税金をかけてみては?と思っているのは私だけでしょうか^^。

アルコール類は適度の量なら身体や心の疲れも取れる特効薬なんですよ!政府さん^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました