キリン「のどごし生」の味の特徴は?うまい?まずい?口コミは?カロリーは?

キリン商品

キリンのどごし系ビールの中でも特に人気が高いのが「キリンのどごし<生>」です。

ビールではなくて分類は「その他の醸造酒(発泡性)①」となっており、「新ジャンルビール」です!

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
「その他の醸造酒(発泡性)①」。このタイプの新ジャンルはかなり珍しい新ジャンルビールなのです。詳細は順を追って説明しますね!

ちなみに「のどごし生」は通販でお安く購入する事が出来ます。

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
特にAmazonは安い!

キリン「のどごし生」って!?本来の第三のビール!?大豆たんぱく使用の麦芽使ってない新ジャンル!?

キリンビールの「のどごし生」は新ジャンルビール、つまり第三のビールですが、本来の第三のビールです!

本来?って・・思うかもしれないですが、昔、新ジャンルビールは第三のビールと第四のビールに分かれていた時期があります。

当初、第三のビールは豆などの原料を発酵させたタイプの新ジャンルでした。

缶などの容器に記載される表記は「その他の醸造酒(発泡性)①」。こちらが昔の第三のビール
「その他の醸造酒(発泡性)①」

次に発売されたのが発泡酒に麦由来のスピリッツを混ぜるタイプの新ジャンル。缶などに記載される表記はこちらは「リキュール(発泡性)①」と表記されます。そして第四のビールと呼ばれていました。
「リキュール(発泡性)①」

しかし、「その他の醸造酒(発泡性)①」と表記される麦芽を使わない新ジャンルはまずい!まずい!の声が多く、新ジャンルは第四のビールが主体になっていきました。

では第四のビールか?と言えば、第三のビールのほうが呼び名的には定着率が高かったのでどちらも合わせて第三のビールと呼ばれるようになった経緯があります。

この話の詳細は以下で。

つまり、新ジャンルでも麦芽を使用しない豆などの原料を発酵させたタイプの「その他の醸造酒(発泡性)①」はとても珍しい新ジャンルビールなのです。

そして、キリン「のどごし生」はこの「その他の醸造酒(発泡性)①」の新ジャンルビールなのです。

つまり、第三のビールだけど、麦芽を使用せずに豆を中心に作られる本来の第三のビールなのです!

キリン「のどごし生」の味の特徴は!?強ぇ~飲みごたえ感!飲んだ後はスッキリ感と爽快感!うめ~わ!

新ジャンルの中でも「その他の醸造酒(発泡性)①」表記として新ジャンルなので麦芽を使用していません。そしてホップも使用なし。

まずかろう・・・そう思って飲んでみた!


うわ!

飲んだ瞬間すぐに「強い飲みごたえ」を感じました。

麦芽やホップなくてもこの飲みごたえ感出るんだ・・って率直の感想。

そして飲んだ後にはこれは想定通りだけど「スッキリ感」、「爽快感」を強く感じました。

大豆たんぱくが原料にあるので麦芽よりはスッキリや爽快感が強いんじゃないかなって思っていました。ビンゴ!

この味だと一気飲みしたくなる味です。

だけど、一気飲みは危ないからしちゃだめだよ!

これはたまに飲むのではなくて、毎日食事と一緒に飲むって感じです。

これか!これが「のどごし生」が売れている理由だわ。

うまい!美味しい!で売れているってよりも、毎日の夜の食事に飲む定番ビール(新ジャンル)って感じで定期的に箱買いが多いんだと思いますよ!

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
これ箱買いだとかなり安いですしね!

味の特徴まとめ (のどごし生)

  • 強い飲みごたえ(口に入れた時)
  • スッキリ感(飲んだ後)
  • 爽快感(飲んだ後)
  • キレ(始めの飲みごたえから後味がスッキリに変わるのでこれがキレになるんだろうよ)

キリン「のどごし生」はうまい?まずい?飲んだ人の感想・評価・評判などの口コミまとめ!

キリン「のどごし生」は定番のロングセラー商品(新ジャンル)ですが、実際に飲んだ人はうまい!美味しい!も多いけど、まずい!苦手!美味しくない!って事もあります。

その理由は麦芽やホップの香りやうま味などを重視する人でしょう。

ぽっぽ
ぽっぽ
飲みごたえ感や爽快感を求める人は絶対に美味しい!うまい!の言葉が出るはずですからね~。

「のどごし生」がまずい!美味しくない!の声まとめ!

「のどごし生」がうまい!美味しい!の声まとめ!

キリン「のどごし<生>」のラインナップ&成分まとめ!カロリーとプリン体をチェック!

新ジャンルビール(第三のビール)でも本来の第三のビールとして残り続ける数少ない新ジャンルビール!

ラインナップと成分のまとめです。

麦芽を使用しない新ジャンルのカロリーやプリン体をチェックしてみましょう!

キリン「のどごし<生>」のラインナップ!缶のみ!?

キリンの定番のロングセラー新ジャンルですが、缶のみのラインナップです。

品種容量の比較容器の種類
缶250250ml
缶350350ml
缶500500ml

のどごし<生>の成分表(100mlあたり)カロリーは42kcal!?プリン体は2.3㎜!?

麦芽を使用しない「その他の醸造酒(発泡性)①」と表記される新ジャンルってカロリーってどうなの?って思うかもしれないですが、特別低いわけではなくほどほどにあります笑。

100mlあたり42kcalなので350ml缶で考えると「147kcal」になります。

同じキリンの「一番搾り」は「140kcal」なので多少高めって事です・・。

ぽっぽ
ぽっぽ
麦芽使用していない新ジャンルでもまあまあカロリーあるんですね・・。

しかし、プリン体はやや低めです。100mlあたり約2.3mg程度です。

一番搾りが100mlあたり8以上あるのでプリン体気にする人にもいいですね!

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
ここは麦芽やホップを使用していないメリットですかね?
商品名(ビール名)のどごし<生>
原材料ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス
アルコール分5%
エネルギー(カロリー)42Kcal
たんぱく質0~0.3g
脂質0g
糖質3.1g
食物繊維0~0.1g
ナトリウム0~8mg
プリン体約2.3mg
賞味期間9ヶ月

まとめ

飲みごたえと爽快感を求めるなら「キリンのどごし<生>」がおすすめ。

大手ショッピング通販内の店舗だと価格競争も実施しているのでいわゆる「最安値のどごし<生>」を見つける事が出来るかもしれません。

安い新ジャンルをさらに安く購入するなら通販がお得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました