ノンアルコールビールは健康に悪い?肝臓への負担や影響?太る理由はある?

ビールと健康
アルコールは摂取しないほうが良いと言われているから「ノンアルコールビール」を飲んでいる!って人は多いと思います。
ビールまにあ
ビールまにあ

しかし、気になるのは毎日ノンアルコールビールを飲んでいるけどもしかして、ノンアルコールビールは身体に悪いのでは?健康への影響があるのでは?さらに通常のアルコールと同じように肝臓への負担や影響、そして太る可能性などを心配するノンアルコールビールユーザーがたくさんいますね。

 

ここではノンアルコールビールの身体への影響、肝臓への負担や太る可能性や理由などについて紹介しています。

 

ノンアルコールビールは健康に悪い?身体に悪い?肝臓への負担や影響は?添加物や人工甘味料がネック?

ノンアルコールと健康

ノンアルコールビールは「ビール」と名前が付いているからか、健康に悪いのでは?身体によくないのでは?また肝臓への負担や影響があるのでは?と心配している人が多いです。

結論から言えば、ノンアルコールビールだからと言って、身体に悪いわけではありません。

 

イメージとしてビールと名前が付いていたり、銘柄によってはビールと同じように麦芽やホップを使用しているので飲み過ぎると健康に悪影響が出るような推測をしてしまうだけです。

当然ですが、ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)とノンアルコールビールの大きな違いは「アルコール」の有無です。

 

ビールまにあ
ビールまにあ

アルコールが入っていないのでアルコールの影響はない事を念頭に置く事が大切!

 

ただし、ノンアルコールビールの銘柄には添加物人工甘味料が入っている事が多いです。

香料や酸味料などの添加物は身体に悪い?健康への影響は!?肝臓への負担や影響?取りすぎは注意?

アルコールが入っていない「ノンアルコールビール」は添加物と人工甘味料が入っている銘柄が多くあります。
ビールまにあ
ビールまにあ

「ノンアルコールビール」は麦芽とホップをメインにしている銘柄もありますが、酸味料や香料などの添加物。また人工甘味料を使っている銘柄も多くあります。

 

酸味料や香料などの添加物系は体内に入るとアルコールと同じように肝臓に流れます。肝臓はこのような食品添加物を分解するのでアルコールと同様に肝臓が働きます。

では、肝臓への負担や影響が強いのでは?と心配する人もいるでしょうが、ノンアルコールビールだけでなく、現在の食生活では食品添加物は数えられないくらいの飲食物系に使われています。

念頭に置いて欲しいのはすべて国の基準を通った物なので飲み過ぎ、食べ過ぎをしない限り肝臓への負担や影響が出るレベルではないと言う事。

ビールまにあ
ビールまにあ

毎日ノンアルコールビール2,3本程度で肝臓への負担や影響が出るならとっくに販売出来ていませんのであまり添加物に神経質にならない事が大切です。それでも、気になる!無添加だけしか食べたり飲んだりしない!って人は控えたほうがいいのかもしれませんね!

 

ぽっぽ
ぽっぽ

学校の給食で出るプリンやデザート、飲み物にも普通に食品添加物は入っていますからね~。

人工甘味料はどうなの?大量摂取で問題あり?

ノンアルコールビールによく入っている「人工甘味料」の摂取も身体への影響など健康を意識する人には心配する声が多いです。

しかし、人工甘味料は糖類にカウントされません。カロリーもゼロカロリーです。その理由は体内の消化管で消化・吸収されずにそのままの形で便として排出される為です。動物や人への実験や研究から発がん性や生殖系への影響はないとされています。

 

しかし、大量摂取で健康への影響があると発表した論文や学者も一部いる為に、現在のところは賛否両論な意見として定着されていません。

ビールまにあ
ビールまにあ

大量摂取しなければ問題ないと思いますが、人工甘味料が気になる!って人は控えたほうが良いのかもしれませんね!

人工甘味料についてはよく新ジャンルビールやノンアルコールビールに入っている「アセスルファムk」が有名ですね。「人工甘味料アセスルファムK」については別ページで紹介しているので気になる人は合わせてご覧ください。

 

ノンアルコールビールは太る?痩せる?太る理由はある?

ノンアルコールと健康

ノンアルコールビールは太ると心配になっている人も多いようです。

結論としてはアルコール入りの通常のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)のほうが太りやすいです。

ビールまにあ
ビールまにあ

では、なぜ太る!と心配する人が多いのかと言えば、ビールをイメージしているからです。

ビールや発泡酒、新ジャンルの銘柄は当然ですが、アルコール入りです。アルコールはカロリーが入っていますので、どんなにがんばってもカロリーゼロとして販売する事は出来ません。

しかし、ノンアルコールビールは、アルコール入りのビール類ではないのでアルコールはゼロです。その分、全体的に見ればカロリーはビール類に比べれば低めです。

アルコールのカロリー以外で太ると心配になるケースとしては糖類ですが、これは普通のビール類も同じです。多く摂取すればその分太りやすくなると言えます。さらに、糖類が多めのビールを多く摂取すればより太りやすいです。

ノンアルコールビールも同じで糖類が多いノンアルコールビールの銘柄を多く摂取すれば当然ですが、太りやすくなりますね。

ビールまにあ
ビールまにあ

ノンアルコールビールは太るか痩せるか?で言えば糖類やカロリーが少なからずあればそりゃ多めの量を摂取すればするほど太るのは確か。ノンアルコールビールだから太る!と言う理由はありません。

また、ノンアルコールビールによく含まれている人工甘味料については前述していますが、体内に吸収されずに便や尿として出るので、カロリーゼロ、糖質ゼロとなっています。その為、太るか太らないかで言えば太らない成分になります。

当然、カロリー&糖質ゼロのノンアルコールビールは人工甘味料が入っていても医学的には太りません。こちらについては別途以下の記事を参考にしてください。

 

ノンアルコールビールだから太る!と言う理由はありません。ビールでも発泡酒でも新ジャンルでもノンアルコールビールでも糖質やカロリーが多めにある銘柄を多く摂取すればそりゃ太るって事です。

さらに最近では痩せる効果があるトクホ取得のノンアルコールビールも出ていますよ。

痩せる?痩せる効果があるのノンアルコールビールがある?美容も?

最近では、カロリーゼロのノンアルコールビールだけでなく、痩せる効果が期待出来るトクホ取得などのノンアルコールビールもあります。

ノンアルコールビールは太る?痩せる?って答えは通常なら摂取が多ければ太るですが、痩せる効果が期待出来るノンアルコールビールの場合は痩せる可能性もありますね。さらに、美容効果がある成分を含めたノンアルコールビールもあります。

 

具体的な痩せる効果や美容効果がるノンアルコールビールについては別ページで紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

ノンアルコールビールには香料や酸味料などの添加物入りの銘柄が多いです。これは国の基準を通過した物なので1日に大量摂取をするなどしなければ健康や身体への影響、肝臓への負担などは心配ありません。

また、人工甘味料も賛否両論ありますが、大量摂取しなければ健康に影響はないとされています。

さらに太る可能性についてはアルコール入りのビール類に比べれば太りにくいと言えるでしょう。ビールで太る人はビールじゃなくておつまみで太る事が多いのも有名ですね!

ノンアルコールビールの人気おすすめについては別ページで紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました