《レビュー》クロンバッハピルス【ドラフトケグ】味は?評判など口コミは?

ドラフトケグ
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州クロイツタールに位置する歴史ある醸造所クロンバッハ。クロンバッハ醸造所でも古くからある有名銘柄が「Krombacher Pils(クロンバッハピルス)」。
天然水を使用して、麦芽とホップで作るプレミアムピルスナー。
この「クロンバッハピルス」が日本でも生ビールとして飲めるとして人気が高まっています。
ビールまにあ
ビールまにあ

それが「ドラフトケグタイプのクロンバッハピルス」。

ドラフトケグとは樽一体型サーバーとして樽自体にコックが付いている樽生。冷蔵庫で冷やすだけで電源や炭酸ガスボンベなどは不要で生ビールが家庭で飲む事が出来ます。

ドラフトケグについては「樽生を使う生ビールサーバー家庭用のおすすめ」の1つとしても以下で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

 

ビールまにあ
ビールまにあ

このドラフトケグタイプに「クロンバッハピルス」があります!通販で購入する事が出来ますよ!

 

「ドラフトケグタイプのクロンバッハピルス」はドイツ直輸入の生ビール?麦の香りがあり飲むパンとしても有名?

クロンバッハピルスの生ビールタイプ(ドラフトケグ)はドイツ直輸入の生ビールになります。ビアスタイルは『ジャーマンピルスナー』。
ビールまにあ
ビールまにあ

日本の大手ビールがライセンスを取得して日本で製造しているわけではなく、ドイツで製造したクロンバッハを輸入しているって事です。

何がすごいのかと言うと、使用している水もドイツの天然水を使用している事。いくら日本で同じような麦芽やホップの種類と比率で作っても水が違うと味わいが違ってきますが、ドイツ直輸入の場合はその地域の水を使用したビールが味わえます。
ビールまにあ
ビールまにあ

つまり本場の味わいが味わえるって事。

クロンバッハはドイツの天然湧き水を使用しています。
そしてご存じの通りドイツは「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」と定められたビール純粋令があるので水の重要度はとても高いのです。

クロンバッハはドイツ国内でも人気が高くピルスナースタイルのビールの場合10杯に1杯は「クロンバッハピルス」が飲まれている程の定番ぶり。

さらに、クロンバッハピルスは麦の風味を感じる事からドイツ国内では「飲むパン」とも言われジャーマンピルスナーでもプレミアムピルスナーとしての位置づけになりつつあるビールなのです。

ビールまにあ
ビールまにあ

そんなドイツ製造のクロンバッハピルスをドラフトケグタイプなら生ビールとして日本でも飲めるのです!

 

【うまい?すごい?楽しい?】「クロンバッハピルス(ドラフトケグ)」を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミは!?

実際にドラフトケグタイプの「クロンバッハピルス」を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミです。
ビールまにあ
ビールまにあ

口コミを確認すると、クロンバッハピルスの味わいについてのうまい!美味しい!だけでなく、ドラフトケグタイプと言う事で楽しい!、すごい!の声も!

以下、飲んだ人の感想や声。

すごい!楽しい!の声は?【クロンバッハピルス(ドラフトケグ)】

 

うまい!美味しい!の声は!?【クロンバッハピルス(ドラフトケグ)】

 

 

【レビュー】飲んでみた!クロンバッハピルス(ドラフトケグ)の味は?特徴は?

飲んでみます。「ドラフトケグのkrombacher Pils(クロンバッハピルス)」。

説明用紙は1枚で事足りる。簡単すぎるからだ。

 

樽一体型サーバーで、樽自体にコックを付けるタイプ。炭酸ガスも不要。電源も不要。樽内に一定のガス圧が出るようになっているようでガス圧調整なども不要だわ。

樽以外にはこの2つのパーツがある。

保存方法は開栓する前なら缶ビールと同じで直射日光をさけて涼しいところでOK。

だけど、今日飲みたいので冷やす事に。

 

とりあえず冷やしたいので冷蔵庫に。

これくらいの冷蔵庫なら・・・、

こんな感じに簡単に入る。横にしても大丈夫。

冷えるのが楽しみだ。

冷えました!

 

 

 

開栓するか。

まずこのパーツを取り付けて、

次にこの灰色のパーツも取り付ける。

これで開栓か。

 

あとはタップ上に持ち上げるとクロンバッハピルスが出る。

グラスを斜めにして準備完了!

注ぐ。

 

うわ!

やっぱり楽しい!

泡がすごい!超クリーミーでトロットロ!

ドイツ製造の本場の「クロンバッハピルス」が注がれている!

 

ドイツでは定番のピルスナー。

 

泡のクリーミーさが半端ない!

完成!

 

お店にいるような感覚になるな。

このクリーミーでトロトロな泡は缶や瓶タイプのクロンバッハピルスにはないドラフトケグ(生ビール)の特権的な泡。

いただきます!

うお!

麦芽だ。
麦芽の角がないまるみがある味わいを感じる。

ピルスナーだから爽やかなホップ感が全体を占めてるのかとおもったけど違う。

 

全体的にまろやかさがある。

 

 

 

そして、ホップの爽やかさもある。

 

程よいキレ後味にさっぱりさがあって、かなり飲みやすい!

 

 

うますぎ!

通常のピルスナーとはまた違う味わい。

麦や麦芽が前に出ているって感じだわ。

 

缶や瓶などのクロンバッハピルスもうまいだろうが、ドラフトケグタイプとして生ビールのクロンバッハピルスは、まろやかさがよりプラスされて、さらに超クリーミーな泡もある為にプレミアム感がすごい!

最後の最後まで泡が残っていた。泡持ちが半端ないな。

うますぎ!でした。ドラフトケグタイプクロンバッハピルスは最高すぎる。

最後に飲んだ後のグラスを確認するとトロトロの泡がスクリューのようにグラスにまとわりついて、次第に下に垂れていった。こんな事は瓶タイプや缶タイプではあり得ないな。

ちなみに、飲み終わったらここのタップを・・

このように下げる。

そして、灰色の注ぎ口のパーツを外す。

樽なので、もう真空になってます。だからこのように冷蔵庫内で横にしても・・

こぼれないので、横にして冷蔵庫で保管出来ますよ!

 

では、また明日飲みます。明日もよろしく「クロンバッハピルス」。

味の特徴まとめ《クロンバッハピルス(ドラフトケグタイプ)》

  • 泡がめちゃくちゃクリーミー&トロトロ(生ビールの中でもトロトロなほう)
  • 麦芽の角がなくまるみがある味わいを感じる
  • 全体的にまろやかさがある
  • ホップの爽やかさもある
  • 程よいキレと後味にさっぱりさがあって飲みやすい

 

まとめ

ドイツの有名ピルスナー「Krombacher Pils(クロンバッハピルス)」の生ビールタイプ(ドラフトケグ)が日本でも普通に飲めるのがすごい。

ドイツ直輸入なので現地の天然水と麦芽、ホップで作るシンプルなピルスナーだけど他にはないような麦の味わいやまろやかさ。そして生ビールならではの超クリーミーな泡。

瓶タイプなどでしかクロンバッハピルスを飲んだ事がない人も、全くクロンバッハ自体を飲んだ事がない人もぜひドラフトケグの生ビールとしてのクロンバッハピルスを飲んでもらいたいですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました