バドワイザーの味の特徴は?うまい?まずい?国は?ビールよりも発泡酒!?

海外ビール商品

バドワイザービールは1876年にアメリカで誕生されてから、世界で飲まれている世界の定番ビールです。

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
アメリカの映画やドラマにもさりげなく登場しますよね!

バドワイザービールって!?国はアメリカ合衆国?社名はアンハイザー・ブッシュ社!?

バドワイザービールは日本でも有名です。

しかし、世界全体でも超有名なビールなのです。

バドワイザー( Budweiser)はアメリカで生まれました。
アメリカで住めば分かるのですが、「バドワイザー」と呼ぶ人はいません。

通称(略称)で「バド(Bud)」って言われているんです。

竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア
アメリカでも当然定番のビールです。

アメリカの「アンハイザー・ブッシュ社」が生産&販売しています。

本社はアメリカ合衆国ミズーリ州セントルイスにありますよ!

バドワイザービールの味は?特徴は?ビールよりも発泡酒感がある!?

バドワイザーを飲んだ事がある人はそのスッキリ感と淡泊で口からスッとビールが抜けるようなクリア感である事が分かると思います。さらに若干ですが、フルーティーな香りも感じました。

私個人の味の特徴を感じたままに言えば、日本のアサヒスーパードライのキレを弱めて、雑味を取って、クリア感やスッキリ感を高めたって感じ・・。難しくてすいません・・。

日本のビールに飲みなれているとバドワイザーを飲んだ後は日本の発泡酒のようなライト感があると思います。その理由は麦芽比率が低いからです。
ビールは麦芽使用率が低いと軽い味、ライト感が出ます。

アメリカでは日本のような麦芽比率が高いビールよりも低めで軽めのビールが定番だからです。

日本では発泡酒の麦芽比率は法律によって50%以下に定められています。

ビールの味と発泡酒の味は違いますよね。

日本人がバドワイザービールを飲むと発泡酒?って感じる人がいるのはこの麦芽比率の為です。

しかし、麦芽比率が低くても、発泡酒とは違い、薬の臭い感みたいな雑味感は少なく、かなりクリアなのです。

バドワイザービールの味の特徴をまとめると「スッキリ」、「クリア」、「雑味なし」

でした。

さらに、飲み始めに「フルーティーさ」も多少感じました。

これがバドワイザービールの味ですかね。

バドワイザービールはうまい?まずい?飲んだ人の感想や評価・評判などの口コミまとめ!

バドワイザービールを飲んだ人の感想や評価、評判などの口コミをまとめています。

味が薄めなのもあり、うまい!もあればまずい!美味しくない!の声もありました。

結論として「うまい!」と感じる人は薄め、ライト感が好きな人で、まずい!って感じる人は薄いのが苦手な人でしょう!

バドワイザービールの味がまずい!美味しくない!の声まとめ!

バドワイザービールの味がうまい!美味しい!の声まとめ!

バドワイザーのラインナップと成分表!瓶と缶と樽もある!?

バドワイザービールのラインナップと成分表をまとめています。

缶が定番ですが、瓶や業務用の樽もあるようですね!

原材料は麦芽100%ではなく、麦芽ホップの他に「」がはいっていますよ!

バドワイザーのラインナップ

品種容量の比較容器の種類
小瓶330330mlビン
缶350350ml
缶500500ml
7L樽7L
15L樽15L

バドワイザーの成分表(100mlあたり)

商品名(ビール名)バドワイザー
原材料麦・ホップ・米
アルコール分5%
エネルギー40Kcal
たんぱく質0.3g
脂質0g
糖質3.1g
食物繊維0g
ナトリウム1.9mg
プリン体約6.1mg
賞味期間9ヶ月

バドワイザー缶タイプ

定番の缶タイプです。

コンビニやドラッグストア、スーパーなどでも見かける事も出来ると思います。
通販がやっぱり割安で買えますよ!

バドワイザー瓶タイプ

お店でしか飲めないって思っている人も多いバドワイザーの瓶タイプ。
実は通販で買えます!

まとめ

アメリカ国のバドワイザービール。

味の特徴は軽くライト感が強いので日本人が飲むと発泡酒と勘違いする人もいますが、ビールです!

缶や瓶、その他にも業務用の樽もあります。

味が濃い食べ物と一緒に飲むのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました