「サムタイムズブルース(エチゴビール)」 味は?特徴は?評価評判口コミも紹介

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」のレビュー画像
エチゴビールの限定醸造銘柄「サムタイムズブルース(エチゴビール)」。

ビアスタイルはアメリカンウィートエール(American Wheat Ale)。このビアスタイルは「ヴァイツェン」や「ベルジャンホワイト」と同じように小麦を使用した白ビールです。

2019年に限定醸造として発売したのですが、その後あまりの人気に再度限定醸造として再販しています。

ビールまにあ
ビールまにあ

売ってない!どこで買えるの?って人は通販をチェックしてみてくださいね!

\ 大手通販は安い!/

レビュー「サムタイムズブルース(エチゴビール)」飲んでみた!味は?特徴は?

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を手で持っている

飲んでみます。

エチゴビールの「サムタイムズブルース」。

原材料は小麦麦芽、大麦麦芽、ホップです。小麦麦芽はフランス製造。

アルコール度数は4.5%。

 

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」の原材料部分

ビアスタイルはアメリカンウィート。

限定醸造で発売された銘柄ですが、人気があり再度限定醸造として再販した人気銘柄だ。

グラスと缶の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」

上部はシンプル。

上から見たグラスと缶の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」

フタを開けて香り確認。

嗅ぐと小麦麦芽のフルーティーさと酸味が香るな。

缶の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」のフタを開けたところ

注ぐ。

グラスに缶の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を注いだところ

小麦麦芽を使用しているってところもポイントですが、ホップもまたポイント。

ニュージーランド産「ネルソン・ソーヴィン」をメインで使っている。

この「ネルソン・ソーヴィン」は2000年に誕生したニュージーランドのネルソン地区で生産されているホップです。

特徴は苦味成分のα酸含有量が12~13%程度と高い事。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」をグラス7割まで注いだところ

白ビールタイプは苦味が少ないのが特徴だが、これは苦味を期待出来るってわけだ。

 

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」をグラスいっぱいまで注いだところ

完成。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が注がれたグラスとその缶

いただきます。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を飲むところ

フルーティーさがあるな。

小麦のたんぱくと酵母からくるフルーティー感、エステル香、そしてホップのフルーティーさも加わっているのだろうか。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を一口飲んだところ

そしてやはり苦味を感じる。

程よい苦味だ。

他の小麦を使った白ビールにはあまりない苦味。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が入ったグラスを傾けているところ

全体的にコクがある。苦味によりすっきり感も多少あるが、小麦のせいかコクを感じる。

残り半分程の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が入ったグラス

小麦からくる程よい酸味がある。

これは小麦を使うと定番だな。

残り3割程の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が入ったグラス

まろやかさも感じる。

飲んだ!って感じになるな。

残り2割程の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が入ったグラス

苦味も感じる白ビールだ。

これは確かにまた飲みたくなるな。再販されるの分かるわ。

残り1割程の「サムタイムズブルース(エチゴビール)」が入ったグラス

ごちそうさまでした。

グラスに入った「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を飲み終えたところ

限定醸造ではなく通年で販売しても売れる気がする。

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を飲み終えたグラスとその空き缶

味の特徴まとめ

  • 嗅ぐと小麦麦芽のフルーティーさと酸味が香る
  • ホップと小麦からくるフルーティーさがある
  • 程よい苦味がある
  • 全体的にコクがある
  • 小麦からくる程よい酸味がある
  • まろやかさを感じる

\ 大手通販は安い!/

「サムタイムズブルース(エチゴビール)」を飲んだ人の感想や評価評判など口コミは?

実際にエチゴビールの限定醸造「サムタイムズブルース」を飲んだ人の感想や声、評価評判などの口コミです。
ビールまにあ
ビールまにあ

実際に飲んだ人の口コミを確認すると、うまい派多数でした。他の白ビールに比べて苦味があるところがポイントのようです。

以下、まずい派とうまい派の声。

まずい!美味しくない!微妙!の声は?

うまい!美味しい!の声は?

まとめ

エチゴビールの限定醸造銘柄「サムタイムズブルース(エチゴビール)」。

アメリカンウィートエール(American Wheat Ale)と珍しいビアスタイル。白ビールが好きな人は一度飲んでみることをおすすめ。

限定醸造のはずが、人気が高く何度も再販して限定醸造される味わいに納得が出来るかも?

\ 大手通販は安い!/

ちなみにキリンのクラフトビールブランドであるスプリングバレーの「スプリングバレーシルクエール白」もアメリカンウィートエールスタイルです。

そちらについてのレビューや口コミは別記事で紹介しているのでよかったら合わせてご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました