【一番搾りとれたてホップ】味は?評価評判などの口コミは!?《レビュー》

一番搾りとれたてホップのレビューキリン商品
2004年から毎年定期的に限定醸造されるキリンの「一番搾りとれたてホップ」。

毎年日本国内のとれたてホップを生のまま使用する味わいにファンも多いビールの1つ。

通常はホップは品質を保つ為にも乾燥させて使用しますが、この「とれたてホップ」は生のままの状態で急速凍結する事で使用したビールです。

 

 

ビールまにあ
ビールまにあ

通販だと箱買いする事も出来ますので、店舗から消える前に買いだめしておきたい!って人は通販の箱買いがお得!

 

 

毎年11月初旬あたりに限定醸造されるのですが、期間を過ぎても賞味期限内なら通販店舗で在庫ありの店舗から購入する事も可能ですよ!

 

《うまい?まずい?》「一番搾りとれたてホップ」を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミは!?

実際に「一番搾りとれたてホップ」を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミです。
実際に飲んだ人の感想や声を確認してみると、圧倒的にうまい!美味しい!のうまい派が多数。
まずい派は数えるくらいしか見つからず。
ビールまにあ
ビールまにあ

これほど評価評判が高い銘柄ですが、国内のとれたてホップを生で使うと言う条件があるのでやはり限定醸造になってしまうのでしょう。

まずい!美味しくない!の声は!?

うまい!美味しい!の声は!?

 

《飲んでみた!》「一番搾りとれたてホップ」の味は?特徴は!?生のホップの爽快な香りあり!

グラスと缶の「一番搾りとれたてホップ」

 

飲んでみます。「一番搾りとれたてホップ」。

毎年定期的に限定醸造しています。

「一番搾りとれたてホップ」缶のアップ

缶の表記にもあるように「今だけのおいしさ」です。

とれたての生のホップを使用するので本当に「今だけ」。

「一番搾りとれたてホップ」の缶に記載されている文字のアップ

原材料は麦芽とホップのみの麦芽100%ビール。

「一番搾りとれたてホップ」の原材料

上部はゴールドで高級感がある。

上から見た「一番搾りとれたてホップ」の缶とグラス

フタを開けて香りを確認。

うわ!

確かにホップの香りが通常のビールに比べると強めで爽やか!

「一番搾りとれたてホップ」の缶のフタを開けた

毎年楽しみにしているファンもいるほどの「一番搾りとれたてホップ」。

 

注ぐ。

グラスに「一番搾りとれたてホップ」を注ぐ

国内ホップを生で使用して作られていますが、主に国内でも生産シェアが大きい岩手県遠野市のホップが使われるようだ。

 

半分程グラスに「一番搾りとれたてホップ」を注ぐ

もちろん、今年収穫した生のホップ。

とれたてのホップをキリンの特許技術で水分を含んだ状態で急速冷凍して使う贅沢ぶり!

グラスに8割程「一番搾りとれたてホップ」を注ぐ

 

その凍結したホップをー40℃の状態で砕いて粉にして麦汁に投入します。

その為、本来のホップの果実のような新鮮な香り成分が通常の乾燥ホップに比べて凝縮!

 

グラスいっぱいに「一番搾りとれたてホップ」を注ぐ

完成。

グラスに注がれた「一番搾りとれたてホップ」と缶

いただきます!

グラスに入った「一番搾りとれたてホップ」を飲むところ

うお!

香りも爽やかなホップが感じたが、味わっても鼻から抜ける爽快なホップの香りがインパクト大!

 

 

「一番搾りとれたてホップ」を一口飲んだ

 

もちろん、麦芽の味わいも生きている。

 

グラスに半分程入った「一番搾りとれたてホップ」

 

そしてすっきり感がある。
ホップの爽やかさがすっきり感を強めているのか。

 

グラスに4割程入った「一番搾りとれたてホップ」

また、程よいキレがある。

 

グラスに入った残り2割程度の「一番搾りとれたてホップ」

これはうまい!

 

グラスに残ったわずかな「一番搾りとれたてホップ」

限定醸造の理由はとれたてホップを生で使うので意味なく限定醸造にしている銘柄ではなくて、限定醸造として販売出来ない銘柄でもあるな。

これは販売している時に買わなきゃもったいない!

残り一口のグラスに残った「一番搾りとれたてホップ」

うまかった!

ごちそうさまでした。

グラスに入った「一番搾りとれたてホップ」を飲み終えた

毎年楽しみにしている「とれたてホップ」ファンがいるの納得しました!

飲み終わったグラスと缶の「一番搾りとれたてホップ」

味の特徴まとめ

  • 嗅ぐとホップの爽やかな香り
  • 味わっても鼻から抜ける爽快なホップの香り
  • 麦芽の味わいも生きている
  • すっきり感がある
  • 程よいキレがある

 

売ってない!?「一番搾りとれたてホップ」は限定醸造の時期が過ぎても通販なら買える!?

「一番搾りとれたてホップ」を手で持っている

毎年、キリンの「一番搾りとれたてホップ」を楽しみにしているファンも多いです。

店舗には毎年の発売時期の11月初旬あたりから限定醸造分が売り切れるまでなので、いつの間にかコンビニやスーパー、ドラッグストアなどの店舗では売られなくなってしまった・・残念がる人も多いのでは?

しかし、在庫をかかえる通販店舗の場合は賞味期限内なら時期がズレても在庫があれば販売しているところもあります。

ビールまにあ
ビールまにあ

店舗で販売されなくなったので「次の年のとれたてホップ」を待つのもいいですが、通販で在庫有りの店舗でも購入する事が出来る可能性があるんですよ!

 

【通販】「一番搾りとれたてホップ」

「一番搾りとれたてホップ」は一般的な缶タイプと瓶(びん)タイプでも毎年販売されています。
ビールまにあ
ビールまにあ

どちらか好きなほうをチェックしてみましょう!

「一番搾りとれたてホップ」《缶タイプ》

「一番搾りとれたてホップ」《瓶タイプ》

まとめ

年に1回の限定醸造である「一番搾りとれたてホップ」。

2004年発売から以後毎年楽しみにしている人も多いのでは?乾燥ホップではなくみずみずしい生のホップを使用した一番搾りを味わいたい人はぜひ買える期間内に購入するべし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました