泡が出る!【スーパードライの生ジョッキ缶】まずい?うまい?評判・口コミは?

アサヒ商品
缶を開封すると泡が出る「生ジョッキ缶タイプのスーパードライ」。開けるだけで泡が出てくるので味わい以前に楽しい!との声も出ています。

 

ビール君
ビール君

まるで生ビールのようなきめ細かい泡のビールが缶ビールで出来ると言えば嬉しいですよね!

コンビニで買うと高い!って人は通販の箱買いで送料無料のケースだと1本あたりの価格はかなり割安で買えますのでお得です!

 

 

生ジョッキ缶(スーパードライ)の泡が出る仕組みは?塗料?溶けない?

「スーパードライ生ジョッキ缶」の開封すると自然に泡が出る仕組みは知りたい?って思うはず。なぜ?って思いますよね。
調べてみると「生ジョッキ缶」の缶はアルミ製の缶で、その缶の内側に特殊塗料を施している事が泡を自然発生させるカギのようです。
この特殊塗料を塗ると目には見えませんが凹凸が出来ます。
それが、フタを開ける時の缶の中と外の気圧の差で泡が湧き出る仕組みです。
ビール君
ビール君

ちなみに特殊塗料を施している内側を手で触っても凹凸は分かりません。人間の手や目では確認できない超微細な凹凸のようです!

塗料は溶けない?大丈夫?

生ジョッキ缶の内側に特殊塗料を施す事で泡が自然発生する仕組みですが、その塗料はビールに混ざって溶けないのか?って気になりますよね。

しかし、この特殊塗料は単に塗ったのではなく、焼き付けの処理した塗料なので溶ける心配はないようです!

ビール君
ビール君

これが分かれば安心ですよね!さっそく泡が自然に出る生ジョッキ缶のスーパードライを飲みたい!って思いますよね!

 

【まずい?うまい?】スーパードライ生ジョッキ缶を飲んだ人の感想や評価評判などの口コミは!?

実際に生ジョッキ缶タイプのスーパードライを飲んだ人の感想や評価評判などの口コミです。

 

ビール君
ビール君

実際に飲んだ人の感想や声を確認してみると、賛否両論あるようです。

まずい派もうまい派もそれなりにいました。

 

 

おそらくですが、スーパードライの生ビールと同等と言う先入観から生ジョッキ缶タイプを飲んだ人には満足いかなかったのでは?逆に缶ビールとして飲んだ人は泡がクリーミーでうまい!っとなったのではと推測。
お店の生ビールと全く同じってわけにはいきませんよ。あれは炭酸ガス圧力とビールの温度が調整された最適な味わいですから。

 

以下まずい派とうまい派の声。

まずい!美味しくない!の声は!?

 

うまい!美味しい!の声は!?

 

ビール君
ビール君

うまい!の声のほうが多い感じです。特にうますぎ!って感想の人は缶ビールでクリーミーな泡が出てきたのが衝撃だった感もありますね!

 

 

【実際に飲んでレビュー】「生ジョッキ缶のスーパードライ」の味は?特徴は?缶の周囲にある段が気になる?

 

飲んでみます!生ジョッキ缶タイプのスーパードライ。

スーパードライなので原材料は同じ。麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。

 

 

温度が高めだと泡が多くなり、キンキンに冷やすと泡が少なめになるようだわ。

冷蔵庫で冷やしてから飲むとベストとの事。

 

泡はやや多く楽しみたいので冷蔵庫から取り出して15分程置いた。

 

開けるか。

 

うわ!

 

フタを取り切ってないのに泡が・・。

 

こぼれた・・。

 

完全に開封したらもう・・泡泡泡・・こぼれまくり。

もうちょっとキンキンな状態で泡を少なくすればよかったか。難しい。

確かに泡はキメ細かくてクリーミーに見える。

 

 

いただきます!

 

お!

確かにスーパードライだわ!

だけど、生ビールの泡ではないか。泡はクリーミーだけど生ビールの泡はもっと水っぽくてトロトロ感があるからさ。

 

でもこれはこれで美味しい!

泡がなくならない。下のほうでまた発生しているのか。

味わいは銘柄がスーパードライなので、スーパードライのあの爽快感とキレがある。

泡がどんどん発生しているな。これが特殊塗料が焼き付けされてるってやつか。

最後まで泡はある感じだな。

 

 

泡が出てくる楽しみとスーパードライの味わいを楽しめたって感じだ。

1つ気になる点があった。

それが、缶の周囲にある段の部分。

上唇にこの段があたってビールを飲んでいる気持ちよさが15%落ちるような気が(笑
そしてなんか分からんけどこの段に気を使う・・・。唇があたらないようにとか・・。

もしかして、口コミでまずい派の人達は普段グラスに注いでビールを飲んでいる人で、このジョッキ缶タイプは缶で飲むって事と、この段がある為にいつものスーパードライのゴクゴクって飲み方が出来なかった為に不満で漏らした感想だったり・・・とも考えた。

まあ、とにかく楽しみもあるスーパードライとしてまた買ってみたい!って思った!

ごちそうさまでした。

味の特徴まとめ

  • 爽快感とキレがある(スーパードライの味わいと同じ)
  • 泡がクリーミー(だけど生ビールの泡ではない)
  • 缶の周囲にある段が上唇にあたって違和感あり

 

まとめ

普通のスーパードライと違って生ジョッキ缶タイプは泡が自然と出てくるスーパードライなので楽しさがあり、また飲みたくなりますよ。

普通のスーパードライを缶ビールサーバーを使ってよりクリーミーな泡にしたほうが泡の質は高めな気がしました。缶ビールサーバーについては別途以下で紹介していますので興味があれば合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました