樽!瓶(ビン)!缶のビールのほどんどは生ビール!?

ビールのあれこれ
竹林雄一郎@ビールマニア
竹林雄一郎@ビールマニア

ビールには「生ビール」と「通常のビール」があると一般的には思いますよね。

一般的にはお店で飲めるジョッキで注がれてくるビールが生で、瓶や缶などの容器に入っているビールは通常のビールと思われているようです。
しかしこれは事実ではありません^^。市場に出回るほとんどのビールは生ビールです。
樽(たる)、瓶(ビン)、缶とも全部中身は全く一緒のビールです。ほとんどが「生ビール」になります。

生ビールと言われるには歴史があった!


1967年にサントリーが「純生」と言われる瓶に詰めたビールを発売しました。このビールは画期的でロケットでお馴染みのアメリカのNASAが開発した「ミクロフィルター」をビールの製造過程に取り入れて、加熱処理をしないと酵母を取り除く事が出来なかったビール製造過程を一新しました。
この「高性能ミクロフィルター」により熱を加える事なく酵母を取り除く事が出来て、これがビールを「生」と呼ぶきっかけになったんです^^。
大きくサントリーは「純生」でシェアを伸ばしましたが、翌年の1968年にアサヒビールはサントリーがビールの重要要素である酵母を取り除いてしまう事をデメリットと称して「アサヒ本生」を発売しました。
この「アサヒ本生」酵母を取り除かない状態で出荷したビールです。当然酵母が生きているので賞味期限は2週間以内が必須。
さらに完全冷蔵保存を顧客に徹底するなど早い消費を促したビールでした^^。アサヒはこれを「真の生ビール」と明言しましたね^^。

公正取引委員会は熱処理をしないビールを「生」に!


どのタイプが生ビールと言えるかは大手ビールメーカーの判断に任せていましたが、1979年にそれはピリオドを打ちました。
公正な取引を主とする日本の公正取引委員会がこの生ビール問題に参入、何度もの会議を重ねた結果、「熱処理をしないビールを生ビールとする事」と提示しました。
それ以降、生ビールは「熱処理をしないビール」なので各社とも高性能のフィルターを使用して熱処理をしない生ビールが誕生したわけです。
と言う事は、缶に入ったビールも、瓶(ビン)に入ったビールも、樽生と呼ばれるお店が出すジョッキで飲むビールもすべて生ビールになるわけです。
一部、昔のように加熱処理を敢えてする事で昔のビールを味を出す銘柄もありますが、市場に出回っているほとんどのビールは熱処理はしないタイプのいわゆる「生ビール」です。と言う事は、お店に行っても瓶(ビン)ビールを生と謳って出しているお店がありますが、違法じゃないですね^^。
また、メニュー表に「生ビール」と提示するよりも「樽生」と提示したほうがジョッキのビールを飲みたい場合は分かりやすいですね^^。
現在のビールはほとんどが生と言っても「生でないビール」もあります。つまり加熱処理を施した昔ながらのビールです。
人によってはこちらのビールのほうが好きだと言う人もいるようですね!
以下現在でも熱処理をするタイプのビール(銘柄)

熱処理をするタイプの非生ビール抜粋

    • サッポロラガービール(赤星)
      アサヒスタウト
      • キリンクラシックラガービール

コメント

タイトルとURLをコピーしました